ウーマン

日本語教師になるには講座を受けよう|ペラペラ語学力を活かす

グローバル時代の必需品

女性

広がる利用の仕方

小学生から英語学習が取り入れられ、ますます英語の必要性が叫ばれる今、英会話を習わないとと感じている方も増えていることでしょう。とは言え、中々苦手意識の強いのも英会話で、やろうと思いつつ手が出ないことも多々あります。そんな中で、聞き流すだけで英会話をマスターすることができると、注目を集めているのが、この「スピードラーニング」です。これは、英語と日本語が交互に流れてくるテープを聞き流すことで、自然に英語を聞けて話せるようにするシステムです。今後は、ますます読み、そして書く英語よりも、こうした会話が重視されることでしょう。すでに、高校入試でもリスニング・セクションが大きなパートを占めています。この「スピードラーニング」のスタイルは、これからより広がっていくのではないでしょうか。そして、利用者の年齢も幅広くなり、用途も多様化すると考えられます。英会話はいくつになっても習いたい趣味の1つです。マイ・ペースでできる「スピードラーニング」、今後も支持を広げていくのではないでしょうか。

魔法の箱ではありません

聞き流すだけで英語が聞き取れ、話せるようになると人気の「スピードラーニング」ですが、注意したいことがあります。この「スピードラーニング」は、決して魔法の箱ではありません。このCDを聞いたら、あら不思議、次の日には会社の外国人の同僚が話す内容が聞きとれてしまった、ということはないのです。やはり、毎日少しずつ、一定期間続けることで、自然に身についていく、そうしたシステムと言えます。また、この「スピードラーニング」の良い点は、右脳を活性化させて、身体の中にリズムとしての英語を取り込むところにあります。ガチガチと暗記するのではないから、返ってすんなりと入っていくので、あまり身構えて聞くことは、逆にマイナスになってしまうかもしれません。リラックスして、自然体で聞きましょう。気がついたら、英語が口から出ていた、そんな自分を描いて、楽しくチャレンジしましょう。